HOME > 婦人科 - 子宮頸がんワクチン

子宮頸がんワクチン

HPVワクチン(ガーダシル)

HPVワクチン(ガーダシル)とは

ガーダシルは子宮頸がんを予防するためのワクチンの一つであり、製薬会社のMSDが製造販売しています。子宮頸がんは20~30歳代の女性が罹患しやすいのですが、その前にHPVワクチンを接種しておくことにより、このがんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)による感染を防ぐことが出来ます。すなわち、予防できるがんであり、当院ではガーダシルの接種を行っています。ご希望される方は、お気軽にお問い合わせください。

特徴

ガーダシルの接種により、ヒトパピローマウイルス感染症を防ぎ、子宮頸がんの発症リスクを減らすことが出来ます。また、尖圭コンジローマについても予防効果が確認されています。接種の対象となるのは9歳以上の女性であり、まず問診や体温測定を行ったうえで1回目の筋肉注射を行います。その時点から2ヶ月後、6ヶ月後の計3回、接種します。なお、子宮頸がん予防ワクチンには、ガーダシルのほかにもサーバリックスがありますが、途中から変更することは出来ません。

子宮頸がんのワクチン接種は、一定の要件を満たした場合に公費で接種することができます。詳細については、お住いの市町村の予防接種担当課、または保健所までご確認ください。

ご注意

子宮頸がんワクチンの効果が認められるのは、あくまでも3回接種した後になりますので、きちんと接種回数を守るようにしてください。また、ヒトパピローマウイルスには幾つかのタイプがありますが、効果があるのはHPV感染症を起こす16型、18型と、尖圭コンジローマなどを起こす6型、11型のみであり、それ以外のHPV感染は予防できません。

予防接種を受けると、子宮頸がんのリスクを減らせますが、ゼロになる訳ではありません。接種時にすでに感染しているHPVを排除したり、すでに生じているHPV関連疾患の進行予防効果も期待できません。そのため、予防接種を受けた後も、毎年、医療機関などで定期検診を欠かさないようにしましょう。

重大な副反応としては、まれにアナフィラキシーショック、気管支の痙攣、蕁麻疹、血小板減少性紫斑病、急性散在性脳脊髄炎が現れることもあります。そのような場合は、接種を受けた医療機関や保健所まで、すぐにご相談ください。

料金

子宮頸がんワクチン(ガーダシル)1回 20,000円(税別)
子宮頸がんワクチン(ガーダシル)3回セット 50,000円(税別)

※別途、初再診料がかかります