HOME > しわ・たるみ

しわ・たるみ

ボトックス注射
しわ

ボトックスとは、ボツリヌス菌から抽出した成分で、筋肉のはたらきを抑える作用があります。この作用が、「表情じわ」のような筋肉によって起こるしわを目立たなくさせる効果を発揮することがわかってから、美容業界においても広く利用されるようになりました。眉間や額、目じりなどのしわのまわりにボトックスを注入することで、しわを取り除いたり、浅くしたりすることが出来ます。しわの改善だけでなく、エラの張りを解消して小顔に見せたり、ふくらはぎを細くしたり(部分やせ)、さらには多汗症を防止するといった、さまざまな用途にも使用されています。
ただ、ボトックス治療の効果はずっと持続するわけではなく、定期的に注射していく必要があります。若々しい顔をキープするためにもボトックス注射は、長期・定期的な治療をお勧めします。治療にかかる時間はわずか10分前後です。ダウンタイムが無く、治療後はすぐにご帰宅になれます。顔の腫れは、ほとんど生じません。稀に小さな内出血をともなう場合もありますが、お化粧で隠せる程度です。

PRP
しわ、目の下のくま/窪み

わたしたちが本来持っている「創傷治癒」(そうしょうちゆ:傷などのダメージを修復し、再生するはたらき)のメカニズムに着目して生まれたエイジングケア術がPRP(Platelet Rich Plasma:多血小板血漿)注入療法です。PRP多血小板血漿とは、血液中の血小板を高濃度に濃縮させた液状成分のことで、創傷治癒を促進する作用があります。
PRPは自身の血液を利用して行う再生医療の一つです。失われた組織や器官を再建する再建外科の中でも、「自分の生きた細胞によって、失われた組織を再生させる」という組織工学に基づいたこの方式は、副作用などの問題が無い安定した治療として、潰瘍治療をはじめ、さまざまな分野で研究と応用が進められています。例えば、歯科領域では歯周組織再生法(インプラント治療)にPRP(多血小板血漿)が導入され、その再生スピードの速さが話題を集めてきました。さらに、痛みへの不安を回避できることもPRPの魅力。美容医療領域においてもPRPは、導入以降、またたく間に人気メニューとして定着しました。

ヒアルロン酸注射
目の下のくま/窪み、唇のカサつき、ほうれい線

ヒアルロン酸注射は、しわの溝に注射器でヒアルロン酸を注入し、なだらかにして消していく治療です。口まわりのほうれい線、目の下の窪んだ線、眉間の深い縦じわ、口の横から下方に伸びる縦じわなどのほか、まぶたの窪みや目の下・頬などの凹凸に対しても治療が可能です。治療は10~15分ほどの短時間で終了します。また、とても安全な成分であるため、アレルギーテストなども不要で、副作用の心配が無く、腫れもほとんど見られず、ダウンタイムもひじょうに短くて済みます。注射直後から効果がしっかり確認できることも魅力の一つです。ヒアルロン酸は、目薬や化粧水などにも含まれ、関節治療にも用いられる安全な物質です。人体の中でも、皮膚に存在して水分を含み、保湿効果をもたらしたり、関節に存在して滑らかな動きを促したりするなど、さまざまな部位で活躍しています。このようにヒアルロン酸の注入は、さまざまな悩みを解消してくれます。またヒアルロン酸には、真皮(しんぴ:皮膚の表皮の下に広がる層)層のコラーゲン組織を保つはたらきがあり、肌のみずみずしさ、ハリや弾力などを保つ役割を担っています。前記のように、もともと体内に存在する成分なので、体内に注入しても異物として残らず、アレルギーも起こしにくく、安全です。治療時間は10分程度。治療後にはすぐにメイク出来、手軽で負担が少ない治療として人気を集めています。

CO2RE フラクショナルレーザー
口周りの縦じわ、たるみ、ニキビ、ニキビ跡、毛穴の開き、毛孔性苔癬、妊娠線、傷跡

CO2RE(コア)とは、炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)を応用して多機能化したレーザー治療器です。
炭酸ガスレーザーで瞬間的に皮膚に微細な穴を多数開けることで、表皮の色素が除去され、穴が治癒するにつれて皮膚が収縮することで肌の自然な再生を促進します。
このような肌の入れ替えを行うことで、ニキビ跡や傷痕、毛穴の開き、肌質の改善、肌の若返りを可能にしたレーザーです。

主な適応

①アブレーティブモード
単純黒子/脂漏性角化症/尋常性疣贅/スキンタッグ/繊維種/肝管腫/ニキビ面皰圧出
②フラクショナルモード
アクネスカー/瘢痕/リジュビネーション(肌質改善、小じわ、毛穴の開大)

CO2レーザー
ほくろ、いぼ、ニキビ

CO2(炭酸ガス)レーザーは、波長10,600nmの赤外線領域の光を発し、この光は水に吸収されやすく、吸収時に熱を発生する性質を持っています。皮膚には水分が多く含まれているので、CO2レーザーを照射した部位の細胞内の水分に反応することで、熱エネルギーが発生します。この熱の発生によって、瞬間的に患部の組織を蒸散することで患部の皮膚が削られ、ほくろ、いぼ、にきびなどが除去されるのです。
CO2レーザーなら短い時間での治療が可能ですし、メスを使用する治療と違って出血もほぼありません。治療後の腫れや痛みも少なく、しかも周辺組織への影響が少ないため、安心してお受けいただけます。

マトリックスIR
しわ、たるみ、肌のハリ

マトリックスIR(MATRIX IR)は、主にしわ、たるみに対して高い効果を発揮します。コラーゲンの活性に有効なRF(高周波)と美肌効果の高いダイオードレーザーを同時照射することによって肌にハリを与え、しわを改善していきます。即時的な引き締め効果と長期的なコラーゲン活性が期待できます。また、繊維芽細胞(せんいがさいぼう:コラーゲンなどを合成・分泌する、皮膚内部の細胞)を刺激してコラーゲンを増やし、皮膚の深部まで熱を通してリフトアップを可能にし、たるみを解消します。

Eマトリックス
しわ、たるみ、ニキビ跡

Eマトリックスの最大の特長は、RF (高周波)を点状に照射することで、RFの熱エネルギーにより、肌の奥からコラーゲンがたくさん生成されるようにすることです。しかも点状に照射することで、皮膚表面に残るダメージは小さな点状に抑えられます。RFは、皮膚の深部に広がる性質をもっているので、治療目的に合った深さまで十分に行き届き、しわ、たるみ、ニキビ跡などに効果を発揮します。最良の照射治療を行うために、患者様お一人お一人の肌の状態をよく拝見して、最大限の効果を引き出す最適なRFの加熱レベルと深度、密度を設定いたします。なおEマトリックスによる治療は、ダウンタイムが少なく、そのため安全性が高く、手軽に治療を受けることができます。

サーマクール
しわ、たるみ、ほうれい線、下がった口角、フェイスライン、目立つ毛穴

サーマクールは、高周波RF(ラジオ波)を用いて肌のしわやたるみを改善する治療機で、美容大国アメリカで開発されました。高周波RFには、レーザーや赤外線では届かない皮膚の深いところまで達する特徴があり、サーマクールはこの作用を活かし、皮下組織のコラーゲンや繊維組織を加熱しながら収縮させるのです。今や世界中へと普及し、手術が主流だったたるみ治療に大きな変革を与えました。2002年12月に日本に導入されて以来、この機器により、メスを使うこと無く、肌のハリを取り戻すことが出来るようになりました。ほうれい線、下がった口角、フェイスライン、目立つ毛穴の改善にも効果的です。

レディエッセ
法令線

歯や骨の主成分である「カルシウムハイドロキシアパタイト」を注射器で注入する治療です。
深い法令線などに注入することで、目立たなくすることができます。
メスを使用しないため、患者様への負担も少ない治療法となっております。